2012年08月27日

心地よい夏の疲れ?

今年も猛暑と言われていましたが、注意深く観察してみると、次第に秋の気配を感じます。
日照時間が短くなり、朝晩の気温はやや低下、セミの声から秋の虫の鳴き声に変化しています。
私ごとですが、夏に負けまいと結構、体を動かしているせいもあってか、朝起きた時に全身がこわばった感じがします。また、寝苦しかった頃から、もう少し寝ていたいと思うようになってきました。
ひょっとして夏の疲れでしょうかね。昔より、秋が短いなんて言われるこの頃ですが、気持ちを秋バージョンに切り替えてみると意外に秋を長く感じることができそうです。ちなみに、最近、患者さんから痩せましたかと言われることがあり、体重計で確認してみると半年前から2〜3kg減量していました。食事では美食は避けるようにして、平均して1日1.5時間は運動をしているのが良いのかもしれません。ちなみに運動は好きな運動(いろんな種類でOKでしょう)を毎日でなくても良いので、疲れが翌日に残らない程度までとして継続されるのが良いと思います。
posted by さだまさし似院長 at 13:57| 日記