2012年08月30日

高齢者の肺炎球菌ワクチン補助が始まります

広島市も東広島市にならい、10月中旬から75歳以上で肺炎球菌ワクチンを接種希望の方に、3000円を補助することになるようです。ワクチン接種を考えられておられる高齢者の方は、今すぐせずに10月中旬からされると良いかと思います。
この肺炎球菌ワクチンは、小児用と成人用があります。1回の接種で有効期間は約5年間で、繰り返し接種が可能です。高齢者の場合、肺炎での死亡が多く、肺炎の中で一番大きな原因菌である肺炎球菌に対して免疫力を高める作用があり有用と考えられています。現状では任意接種のため、接種費用は各医療機関が設定していました。ちなみに当院では7000円でした。それが、10月中旬から3000円の補助がでるので残り4000円の自己負担で済むことになります。5年間有効なワクチンなので1年あたり800円で済むことになります。この機会にぜひ、皆さんも最寄りの医療機関に相談されてはどうでしょうか?
posted by さだまさし似院長 at 08:33| 日記