2012年11月27日

受験の時にインフルエンザに罹りたくない

インフルエンザワクチン接種の最盛期とも言える時期になっています。
12月末から本格的な流行が毎年あるので、ワクチンの効果が2週間はかかることより
現時点がワクチン接種の良い時期でしょう。
受験生の方も、数多くワクチン接種に来られますが、絶対インフルエンザに罹りたくないと言われ、ワクチンの2回接種についての質問を受けます。
現状では、13歳以上は1回接種で良いことになっていますが、任意で2回目の接種が可能です。では、2回目接種で上乗せ効果がどうかというデータの一つを紹介します。20歳以上の健康な成人100名でワクチン接種後、21日前後で中和法で抗体陽性率をみた試験があります。結果は1回目87%、2回目83%と追加接種の上乗せ効果はありませんでした。よって大人はワクチン1回接種で良いということの裏付けになるかと思います。
あくまでも私見ですが、受験を控え、ワクチンを2回接種する意味は、成人に近い大学受験時には余り意味がないように思います。ワクチンに関しては、本来の接種回数で十分で、どうしても小中高大学の受験時などにインフルエンザに罹りたくなければ、(積極的にはお勧めしませんが、)インフルエンザ予防が認められているリレンザの吸入を自由診療(自費7000円ぐらい)でされるのが良いかもしれません。
posted by さだまさし似院長 at 08:24| 日記

2012年11月17日

ノロウイルス検査

一雨ごとに寒さが厳しくなります。
ノロウイルス感染での嘔吐下痢症が増えているとの報道がありますが、当院ではまだ実感に乏しいです。迅速にノロウイルス感染かどうかをみるには、専用のキットがありましたが、糞便を取らなくてはならず、面倒でした。この度、12月3日から肛門から専用の綿棒で直腸内をぬぐい、検査できるキットが発売になります。これで、少し検査がし易くなると思います。
しかし、この検査は、お子さんや高齢者などが保険診療で認めされており、他の方は実費になります。また、ノロウイルス感染が判明したとしても、特別な薬があるわけではないので、この点も歯がゆい事ですね。
posted by さだまさし似院長 at 08:09| 日記