2012年11月17日

ノロウイルス検査

一雨ごとに寒さが厳しくなります。
ノロウイルス感染での嘔吐下痢症が増えているとの報道がありますが、当院ではまだ実感に乏しいです。迅速にノロウイルス感染かどうかをみるには、専用のキットがありましたが、糞便を取らなくてはならず、面倒でした。この度、12月3日から肛門から専用の綿棒で直腸内をぬぐい、検査できるキットが発売になります。これで、少し検査がし易くなると思います。
しかし、この検査は、お子さんや高齢者などが保険診療で認めされており、他の方は実費になります。また、ノロウイルス感染が判明したとしても、特別な薬があるわけではないので、この点も歯がゆい事ですね。
posted by さだまさし似院長 at 08:09| 日記