2013年03月14日

今年の花粉症

広島地方は、スギ花粉の飛散のピークを迎えています。
私も花粉症なので、大変辛い時期です。抗ヒスタミン剤を中心に処方して、点鼻、点眼を状況により加えるといった治療をすることが多いのですが、今年に特徴的と断言はできませんが、目の痒みが取れにくいと言われる方が多いように思います。点眼薬は、抗アレルギー剤やステロイド剤が主になると思いますが、内科医としては、ステロイドの点眼を処方するときは慎重になり、あまりにも症状の強い方は眼科受診をお勧めしています。
やはり、原因となるスギ花粉への曝露をできるだけ避けることが一番と思います。まだ、寒いこともありますが、外出から帰って、シャワーを浴びて服を着替えるといった工夫も有効のように思います。洗顔だけでも違うと思います。花粉を体から遠ざけるようにします。また、アレルギー疾患の基本は、ひどくならないうちに早め早めの対応をとることが極めて重要と思います。
posted by さだまさし似院長 at 13:40| 日記