2018年04月21日

アレルギーによる咳、痰など増える時期です。

 ひのき花粉の飛散も終わりに近づきましたが、毎年のことですがこの時期、咳が出る方が多くなります。
要因としては、季節の変わり目で温暖差アレルギー(自律神経の調整が難しいことも原因?)や、黄砂、PM2.5、長引いた花粉症で身体全体が過敏な状態になっていることなどがあげられますが、よくわかっていないこともあるように思います。
しばらくすると、自然に落ち着く場合も多いようですが、やはり咳込みや痰のつまり、息苦しさなど気になられるようなら、最寄りの医療機関を受診されたほうが良いと思います。折角の良い季節なので、万全の体調で臨みたいものです。
posted by さだまさし似院長 at 11:49| 日記