2018年10月11日

この時期の風邪は何だ?

涼しくなってきたと思ったら、風邪をひいてしまったという人も多いのではないでしょうか?10月頃の風邪について調べてみました。
風邪をひく場合は、@ご自分の体調とA症状を起こすウイルスへの感染が大きなポイントになります。@気温が急に低下すると、身体が順応しなければならないので自律神経の乱れが生じ、かつ免疫力は低温になることで低下して、感染に対しての防備が低下してしまいます。Aそこに、この時期に活動性を増す、ライノウイルスなどの感染が起これば風邪症候群として発症するというわけです。
ライノウイルスは、春・秋に活動性を増すウイルスで、この時期の風邪の半数程度はこのウイルスと考えられます。その血清型は数百種類と考えられており、ワクチンでの予防は困難で、特効薬もありません。潜伏期は短く1〜3日です。ライノウイルスは33℃で増殖するので、通常、鼻や喉の上気道など温度が余り高くない場所で増殖します。頭痛・のどの痛み、鼻詰まり、くしゃみが起こります。温度の高い気管や肺、お腹の症状が最初の症状になることはまずありません。水のような鼻水から、次第にそれは濃いねばっこい黄色あるいは緑色のものへと変化し、量も少なくなります。通常、発熱は微熱程度までです。のど、鼻の症状から咳が少し遅れて出始め2週間近く続くこともあります。これは上気道の炎症が下気道に波及したものと考えられます。通常、1-2週間以内に軽快します。
 有効な薬がないのなら予防はどうかというと、うがい、手洗い、マスクですが、どれもそこそこの効果は期待できますが、過信は禁物です。通常のマスクの隙間をウイルスは簡単に通過しますが、くしゃみ、咳で飛び出す飛沫核は、マスクで防げますので多量のウイルスの曝露は避けられそうです。
 薬は症状を和らげる程度であることを認識していただき、ご自愛をして下さい。
posted by さだまさし似院長 at 10:54| 日記