2020年10月08日

今年は、インフルエンザワクチンを早く打ったから、追加接種が必要?

今年は、国の方針で、インフルエンザワクチンを早くから接種できるように政策がとられました。例年より2週間前倒しです。そこで、インフルエンザワクチンの効果は、4か月程度なら、もう1回うたなければならないのかという質問をよくもらいます。
あくまでも私見ですが、その必要はないのではとお答えしています。その理由として、先に冬季を経験した南半球では、三密を避け、マスクを着用、手洗い、インフルエンザワクチンといった感染対策の徹底と、新型コロナウイルスの流行の影響か、インフルエンザの流行は、例年の100分の1以下になりました。おそらく、我が国でも、今年の冬は同様で、インフルエンザの流行はほとんど見られなくなるのではないかと推測します。
よって、インフルエンザワクチンの追加接種は必要ないのではと考えます。
皆さん、しっかりと感染対策をとり続けましょう。

posted by さだまさし似院長 at 10:57| 日記