2021年01月27日

広島市旧市内のPCR無料検査を考える

広島県湯崎知事は、新型コロナウイルス感染者が大幅に減少しないため、この2月から3月にかけて10億円かけて、無症状者への唾液PCR検査を行うと発表しています。
もちろん、無意味ではないと考えますが、もっとやり方を考えるべきだと思います。
現状では、PCR検査は、自費で行えば2万円程度かかること、ほとんど症状がなければ医療機関に行っても断られる可能性すらあり、ハードルが高くなっています。
私は、全くの無症状や感染の心配がないと考えておられる方が、わざわざ検査に行かれるか疑問に思います。むしろ、ちょっと心配かなと考えられている方を対象にして、予算が許す限りの期間、無料検査を実施するのが良いと考えます。これは、普段、診療していて感じることです。
posted by さだまさし似院長 at 09:29| 日記