2017年09月03日

もしもの時を考えておくこと

死期を意識することがない方はピンとこないかと思いますが、自分がもしもの時、どんな医療や介護を受けたいか、逆に受けたくないかを考えて、周囲の方と話し合うことを、アドバンス・ケア・プランニングと言います。自分の意識が曇って判断できなくなる場合には、代理人に自分の考えを伝えることも大切です。でも、こんな話をまじめに切り出すのも難しいので、カードゲームでお互いの考えを確認するというツールを見つけました。「もしバナゲーム」というものです。写真のカードゲームです。(ネットで検索して購入できます)少し、キリスト教的な内容のカードもありますが、自分にとってどんなことが大切に思うかを確認したり、相手に伝えたりするのには面白いツールと思います。集会や家族などでテーブルを囲んで、カードゲームをしてご自分の考えを述べたり、相手の考えを聞いたりするのには良いとおもいました。肝心の家内や子供たちとしてない院長がいるのがお恥ずかしい話ですが。
IMG_1170.JPG
posted by さだまさし似院長 at 17:10| 日記