2012年07月23日

禁煙治療成績の年次報告

保険診療による禁煙治療を行っている場合に、中国厚生局に年次報告をしなくてはいけません。
今年もその時期が来て、集計をしました(当院のホームページに結果をUPしています)。
その結果は、昨年に比べて禁煙治療を希望された人は、42名から21名へと何と半減しました。なお治療成績では、禁煙成功率で昨年50%、今年57%と決して満足のいくものではありませんでした。
 私が大変に残念に思うことは、治療薬の第一選択と言っていい内服薬のチャンピクスに投与制限がかかったことです。チャンピクスによる禁煙治療中に薬剤による意識消失の疑いの報告が相次ぎ、現状では、自動車やバイクの運転などをしないことを条件に処方をするしかなくなりました。折角の良い薬が使いにくい状況になり、正直、治療する側も歯がゆい立場になりました。
こうなった以上、本気で禁煙を推進するには、タバコが遠い存在になるように(すなわち値上げ)政策で国民の健康を守る必要がありそうですね。賛否両論はあるかと思いますが、タバコが健康には無害と思っている方はおられないでしょうから。
posted by さだまさし似院長 at 21:59| 日記