2021年12月28日

新型コロナウイルスで良いのか?

今日で2021年最後の診療になります。振り返ってみて、そろそろ「新型コロナウイルス」の呼び名を変えた方が良いと考えます。国際的には、「COVID-19」ですよね。2019年に見つかったコロナウイルスの変異型という意味です。とりあえず、日本の誰かが、「新型コロナウイルス」と命名してそれが共通語になっています。しかし、万一、新型に次ぐ新型がでたら、いつまでも新型では通用しませんので、そろそろ日本での呼び名をきっちりと変えた方が後世のためにも良いはずです。誰か、聞き上手の岸田さんにお伝えしていただけませんか?
posted by さだまさし似院長 at 16:37| 日記

今後、新型コロナウイルス感染はどうなる?

第6波が来るのか不安になります。今後を勝手に予想したいと思います。外れたら、後で笑って下さい。
新型コロナウイルスは、偶然、人間に感染するようになって、まだ安定していないウイルスです。今後も、上手くウイルス集団として生き続けられるように継続的に変異していくものと考えます。ウイルスにとっても人間にとっても一番いいのは、ウイルスが、人間に感染しても酷く人間を傷めつけることなく共存できる関係でしょう。現在流行の主体になりつつあるオミクロン株は、死亡率0.1%とインフルエンザ並であり、ようやくその形になってきたと考えます。オミクロン株の流行は完全には止められないと考えますが、神経質な日本人の性格と重症化しにくいファクターXを持っている人が多いこと、高いワクチン接種率に加えて3回目接種の開始、治療の内服薬の使用で、5波のような大きな流行にはならないと考えます。しかし、普通の風邪では死ぬことはまずないので、新型コロナは、まだ普通の風邪ではありません。今までどおりの感染対策の継続と、ワクチンの3回目の接種を受けて、客観的な状況分析の上で、忘れかけている楽しみのある生活を取り戻しましょう。
posted by さだまさし似院長 at 10:07| 日記

2021年10月28日

今年のインフルエンザ予測

インフルエンザは、例年11月から3月頃まで流行する病気です。
昨年は、いつも年の600分の1とか1000分の1とかの報告でした。つまり、ほとんど流行はありませんでした。
今年は、どうなるでしょうか?
答えはズバリ、皆様の感染予防に対する意識と行動によると思います。
インフルエンザは、先に流行がある南半球からウイルスが、日本に入り広がるパターンが主です。ところが、現在は新型コロナ対策で、水際対策として入国時に隔離や管理体制が続行されていることと、今年も南半球でのインフルエンザ流行は目立たなかったことから、インフルエンザウイルスそのものが、日本に存在しにくい状況にあります。
そこに、マスク着用、密を回避、手指消毒の励行を行えば、インフルエンザの流行を今年も封じ込める可能性は高いと思います。
ただ、あくまでも私の予想なので、外れる可能性もあり、ご心配な方はインフルエンザワクチンを接種して安心して過ごしましょう。
posted by さだまさし似院長 at 09:48| 日記

2021年05月29日

新型コロナウイルスワクチンをできるだけ受けましょう

 当院でも、昨年から新型コロナウイルスのPCR検査を保健センターから紹介されてくる方を含め実施して、予想外の方が陽性反応を示した場合もあります。新型コロナウイルス感染は身近で起こりえます。重症化して苦しまれた方もおられますので、本当に怖い感染症です。決して「ただの風邪」ではありません。
 ワクチン接種では副反応をご心配される方もあり、お気持ちは良くわかります。もちろん、あなたは大丈夫とは言えませんが、全世界でこれだけ短期間で接種が大量に行われたワクチンは人類史上、存在しません。メッセンジャーRNAを利用し、人体に副反応を許容範囲にまで抑えたワクチン技術は、ノーベル賞に値すると早くも言われています。大多数の人が、新型コロナウイルスに対してワクチンによって集団免疫を獲得すれば、ウイルスは行き場を失い消滅する可能性すらあります。ご自分のため、あるいは、ご自分の大切な人に知らないうちにご自分が移さない(無症状感染者もあります)ためにも、積極的にワクチンを受けましょう。
posted by さだまさし似院長 at 18:17| 日記

2021年01月27日

広島市旧市内のPCR無料検査を考える

広島県湯崎知事は、新型コロナウイルス感染者が大幅に減少しないため、この2月から3月にかけて10億円かけて、無症状者への唾液PCR検査を行うと発表しています。
もちろん、無意味ではないと考えますが、もっとやり方を考えるべきだと思います。
現状では、PCR検査は、自費で行えば2万円程度かかること、ほとんど症状がなければ医療機関に行っても断られる可能性すらあり、ハードルが高くなっています。
私は、全くの無症状や感染の心配がないと考えておられる方が、わざわざ検査に行かれるか疑問に思います。むしろ、ちょっと心配かなと考えられている方を対象にして、予算が許す限りの期間、無料検査を実施するのが良いと考えます。これは、普段、診療していて感じることです。
posted by さだまさし似院長 at 09:29| 日記